ハウスメーカー 工務店

家を建てるときに多くの方が直面する問題として住宅の建築をどこに依頼するのかということではないかと思います。

 

住宅の建築の依頼先としては、主にハウスメーカーや工務店という選択肢になると思いますが、業者選びは満足のいく家ができるかどうかの重要なポイントになっています。

 

ハウスメーカーで建てるのか、工務店で建てるのかという問題に直面すると思いますが、工務店とハウスメーカーを比較することで最終的に答えが出てきます。

 

両者を比較していきましょう。

 

・工務店の特徴

 

まず工務店の大きなメリットとして、価格設定がハウスメーカーと比較しても非常に良心的だと言えます。

 

そして完成してからの付き合いのしやすさも地元工務店ならではだと思います。

 

家は引き渡し後も付き合いがありますが、工務店は宣伝などにお金をかけていないので、評判や口コミが頼りになり、自ら評判を落とすようなことはしないですし、アフターケアなどを徹底している工務店もあります。

 

一方工務店のデメリットとして外れの工務店を選んでしまった場合のリスクが大きすぎるということです。

 

そして工務店では理想の家があっても、なかなか顧客の希望などに応えてもらえないこともありますから、工務店を選択するのであれば、実際にその工務店で建築された家を確認しておく必要もあります。

 

・ハウスメーカーの特徴

 

ハウスメーカーで建てる場合のメリットとして、大手ならではの知名度があり、安心感や信頼感があり、家そのものの信頼性も高いということがあげられます。

 

そしてどの下請け業者が作っても、同じ性能の家ができるような設計になっており、それほど影響するということはないですし、

 

大手ハウスメーカーにはインテリアコーディネーターがいますので、デザインや内装なども可能な限りに希望通りにしてくれますので、満足のいく家をつくりやすいです。

 

ただハウスメーカーで建てるデメリットとして、価格が高いということがあげられます。
ハウスメーカーでは、人件費、宣伝費、展示場の維持費などが価格に上乗せされており価格はどうしても高くなってしまいます。

 

参照ページ
工務店 坪単価

 

新築の建築にあたり、まずどのような家を建てたいかということを考える必要があります。

 

自分たちの要望に合った会社を選べば家づくりは成功、要望に合っていない会社を選べば家づくりは失敗になってしまいますので、結局は何を重視するかという条件次第になると思います^^;

 

工務店とハウスメーカーを比較した上で、予算、性能、デザイン、工法、アフターなどの様々な視点から最終的に選ばれると満足のいく家づくりができるのではないでしょうか。

続きを読む≫ 2014/05/23 11:32:23

ハウスメーカーで値引き交渉を行うと対応も様々です。

 

1円の値引きにも応じないハウスメーカーもあれば、大きな値引き額を提示し契約を迫ってくるハウスメーカーもあります^^;

 

一般的に値引きに応じてくれるハウスメーカーの値引き率は3%〜5%の値引きが相場だと言われていますが、中には10%を超えるような高額な値引きが行われることもあります。
ハウスメーカーで値引き額を引き出すのに有利なタイミングなどはあるのでしょうか。

 

まず見積もりの段階や最初からガンガン値引き交渉を行うと、あえて見積りを高く出し値引き分を調整されてしまう可能性が非常に高いです。

 

ハウスメーカーの見積りの仕様は異なりますし、各項目の標準価格というものがなく調整されてしまっても、全く気付かないと思います^^;

 

値引き交渉のタイミングは、あとは契約という直前に行うと値引きを引き出しやすいと言われています。

 

そして基本的にキャンペーン中や決算期は値引きに応じてくれやすいと言われていますので、そのタイミングを狙うのもいいでしょう。

 

逆に値引きは契約後に行っても意味がありませんので、値引きは契約前に行うことが基本です。

 

※値引き額が大きいと得をしたと思われる方が多いと思いますが、

 

値引きを前提としている会社は、その金額はあらかじめ大きめの利益に乗っかっているものです^^;

 

強引に値引き交渉を行い、渋々値引きに応じてもらえても、その値引き分は発注先への工賃を下げるしかなく、その結果手抜き工事をされる可能性もありますし、家の品質の低下にも繋がるというリスクがあります^^;

 

値引き交渉を行っても値引きに応じてもらえない場合はサービスで何か付けてもらえないかという交渉に切り替えた方が無難ですよ^^

続きを読む≫ 2014/05/23 11:31:23

ハウスメーカーの特徴としてはどのようなことがあげられるのでしょうか。

 

ハウスメーカーで建てる場合のメリットとデメリットについてみていきましょう。

 

まずハウスメーカーで建てる場合のメリットとして、会社自体が大きく、ブランド力、安心感があり非常に安定しているということがあげられます。

 

ハウスメーカーの場合は簡単に倒産するというリスクはまずありません!

 

そしてハウスメーカーでは営業マンや現場での施工、アフターに関してなど仕事が細かく分担されており、組織の体制が整っており対応力が良いということもあげられます。

 

ハウスメーカーでは基本的に住宅展示場があり、カタログも豊富に用意されていますので、家づくりにおいてイメージしやすいということも大きなメリットではないかと思います。

 

その他には、住宅ローンのサポートも徹底されていますし、品質が安定している、アフターや保障がしっかりとしているということがあげられます。

 

 

一方ハウスメーカーで建てるデメリットとしては、まず価格が高いということがあげられます。

 

ハウスメーカーの価格には、住宅展示場の維持費、CM代、豪華なパンフレット代、人件費などが価格に上乗せされており、家の価格はどうしても高くなってしまいます。

 

そして標準仕様からオプションに変更する場合は、費用がかなり高額になってしまうということもあげられます。

 

その他には注文住宅であっても、何かと規定があり自由度が低くなってしまう場合もありますし、

 

ハウスメーカーで家を建てるといっても実際に家を建てるのは、下請けの工務店が担当しますので、家の出来に大きく影響することもあります。

 

またハウスメーカーの大きな特徴として、担当の営業マンによって良し悪しが大きく左右されてしまうということです。

 

良い営業マンに当たれば、細かい要望にも応えてもらえたり、様々な提案の中から満足のいく家づくりができますが、あまりやる気のないような営業マンが担当になれば満足のいく家づくりができないどころか、クレームやトラブルの原因にも繋がります^^;

 

ハウスメーカーの工法の特徴としては、ハウスメーカーによって異なりますが以下の工法が取り入れられています。

 

・木造軸組
柱と梁などを軸としてくみ上げていく工法で日本の伝統的な工法だとされています。

 

・ツーバイフォー
北米から輸入された工法で、断面2×4インチの枠組みと面材で天井、床、壁を支えるといった工法。

 

・鉄骨住宅
鉄骨を主要部材とした工法。

 

・木質住宅
工場でパネルをつくり、現場で組み立てていくといった工法。

 

・ユニット住宅
工場でボックス型のユニットをつくり、それを現場で組み立てていくといった工法。

 

・コンクリート住宅
鉄筋コンクリートの壁パネルを工場でつくり、現場で組み立てていくといった工法。

 

ハウスメーカーによってもそれぞれ特色がありますので、事前に各社の特徴を把握しておくと、ハウスメーカーを絞っていく上で非常に役に立ちます。

続きを読む≫ 2014/05/23 11:29:23

住宅は多くの人にとっては人生に1度の大きな買い物ですが、ハウスメーカー選びが非常に重要になってきます。

 

ハウスメーカーを絞っていく時にハウスメーカーの評判を気にされるという方も多いようですね。

 

確かにハウスメーカーを選ぶ際にそのハウスメーカーの評判も非常に重要になってきますが、ハウスメーカーは良い評判もあれば悪い評判もつきものです^^;

 

基本的に建てた棟数が多いハウスメーカーや、販売実績が多いハウスメーカーはそれに比例して、様々な評判が出回るものです^^;

 

実際に知名度のあるハウスメーカーほど様々な評判が出回っていますよ^^;

 

そしてネット上にはハウスメーカーの評判で調べると様々な評判が出てきますが、

 

そのハウスメーカーで建てたことのない方の意見は全然アテになりません^^;

 

家づくりにおいて価格の安さを重要視する人にとっては、坪単価が高いハウスメーカーのことをあまり良く評価しませんし、

 

デザイン性を重要視する人にとって、デザインが豊富ではないハウスメーカーの評判は良いものではないと思います^^;

 

しかし実際に建てた方の意見で、ハウスメーカーの評判に大きく影響している共通点として、担当者や営業マンとの相性が評判に大きく影響しているということがあげられます。
ハウスメーカーで建てる場合の評判は営業マンの良し悪しで評価が大きく変わると言われており、その後のアフターサービスや満足度にも影響すると言われているほど重要になっています。

 

住宅は大きな買い物で、気に入らないからといって簡単に買い替えられるものではありません。

 

ネット上の住宅メーカーの評判や口コミも重要だと思いますが、あくまで参考程度に、自分の目線でしっかりとハウスメーカーを比較し、信頼できるハウスメーカーを選ばれるといいのではないかと思います。

続きを読む≫ 2014/05/23 11:28:23

新築の建築にあたり、まず直面する問題としてどのハウスメーカーで建てるかということだと思います。

 

住宅は高価な買い物ですが、絶対に失敗したくないと思いハウスメーカー選びを慎重にされるという方が多いです。

 

ハウスメーカーではそのハウスメーカーの特徴や実際にどんな家を建てているのかということが分かるように展示場が用意されていますが、

 

展示場をよく見せようとオプションがフル装備されていたり、また展示場に行っても担当者は基本的に良い情報しか伝えませんので、どこの展示場に行っても良く思えてしまいハウスメーカー選びが更に困難になってしまうこともあります。

 

ハウスメーカーを選ぶ時は、希望する間取りや予算、工期、デザイン、工法、価格など人それぞれ求めるものが異なりますので、それらの希望に最も近いハウスメーカーを選ぶことをお勧めしますが、

 

人気のあるハウスメーカーなのかということを重要視される方もおられます。

 

ハウスメーカーのランキングは満足度からランキングされているものや、坪単価によってランキングされているものもあり結果は様々であまりアテにならないこともあるのですが^^;

 

比較的ランキングの上位に入っているハウスメーカーをいくつか紹介します。

 

 

・積水ハウス
常にランキングで上位を占めているハウスメーカーです。
積水ハウスの坪単価や価格は高いということから、あまりよくない評判も目立つように思いますが、やはり知名度、ブランド力、実績から積水ハウスの人気は常に上位を占めています。

 

・タマホーム
タマホームも常にランキングで上位を占めているハウスメーカーです。
タマホームを支持される方の多くはやはり価格に満足されている方が多いようですね。
大手ハウスメーカーと比べても非常にお手頃な価格設定になっており、若い世代や予算に限りがある方から非常に人気のあるハウスメーカーです。

 

・ダイワハウス
ダイワハウスは戸建住宅の販売棟数では積水ハウス、タマホームについで第3位のハウスメーカーで販売実績からも常にランキングでは上位を占めているハウスメーカーです。

 

ハウスメーカーのランキングで常に上位を占めているハウスメーカーをいくつか紹介しましたが、

 

どのハウスメーカーが良いのかはホントに人それぞれだと思いますので、ランキング情報で影響されるのではなく、ランキングは参考程度にされておいて下さいね^^;

続きを読む≫ 2014/05/23 11:27:23